第42回定期理事会が開催されました。

地球の明日と生きる。ホーム

第42回定期理事会が開催されました。

3月2日に第42回定期理事会が開催されました。
主要議題は設立6年目に入る平成28年度に何を為すか、それがパートナー企業様にとって「メリット」が有るか、どのような体制で行い、どのような「商材」を扱うかなどです。
大きな変化は既にお知らせしています「儲けの会社」EPCサービス合同会社を有志で起ち上げることです。一般社団法人アースパートナー協議会は基本理念である「地球の明日と生きる」をベースに〝低炭素社会の実現”に向けての普及と啓蒙を行うことに徹し、多くの仲間を次のエネルギー世代に導くことにあり、それを具体化するのは合同会社に委ねようとすることの決めました。
体制も新たに若手の「意思」を持った方々に。
特にこのEPCが行ってきた実績や商材がスマートフォンやタブレット端末で見られるようにホームページも皆様の浄財で変えました。
実際の現場写真や製品写真、提案されたパース図や図面等はパートナー企業様にはクラウドサービスである「グローバルフォルダー」のEPC写真等でご覧いただけるようにいたしました。
一層のサービスに努め、パートナー企業様の収益貢献をしてまいりたく考えますので、今後ともよろしくお願いいたします。